みんなの声

投稿者 : manager 投稿日時: 2018-01-15 09:43:01 (16 ヒット)

みなさま 新年おめでとうございます。

 私たちは昨年10月13日、さいたま地裁で、勝訴判決を勝ち取り喜び合いました。

 判決は「さいたま市の公民館職員らが、原告の思想や信条を理由として、九条俳句を公民館だよりに掲載しないという不公正な取り扱いをしたもので違法である」と認めました。

 この判決を受け早速、さいたま市に対し、九条俳句を速やかに公民館だよりに掲載し違法状態を正すことと、違法・不公正の再発防止の具体的改善策をとることを求め、この2点を約束できれば控訴はしないと申し入れました。しかし、市側は、こちらの申し入れを拒否したばかりか、判決を真摯に受け止めようとせず、早々に控訴すると表明しました。

 私たちは、今回の判決をもとに話し合いでの解決を求めていましたが、市民と向き合おうとしない市にそれも閉ざされてしまいました。控訴するしかありません。自由に学び、自由に表現するという当たり前のことを守りたいのです。

さいたま地裁で得た勝利判決に更に充実した判決を求めて、10月24日東京高裁に控訴いたしました。憲法九条を守り、平和に暮らし続けるために、今この裁判に勝つことは大きな意味があると思います。さいたま地裁での勝利は、みなさまのゆるぎない大きなご支援の賜です。東京高裁でも勝訴を確信して頑張ります。引き続き大きなご支援をよろしくお願い致します。

「九条俳句」国賠訴訟 原告


報道記事

10-13さいたま地裁判決
10-13さいたま地裁判決
2017/10/18   POPLAR
3.19シンポジウム
3.19シンポジウム
2017/3/23   POPLAR
5月7日
5月7日
2016/5/7   POPLAR
埼玉中央法律事務所報
埼玉中央法律事務所報
2016/1/30   POPLAR

拡散願います