MEO対策って意味がないの?

ローカルで店舗を経営している人であれば必ずGoogleを使ってネット集客することを考えるだろう。そこで最近もっともホットなマーケティング手法がグーグルマップを使ったMEO対策になる。

しかし、最近多くのIT業者がMEO対策サービスを実施し、顧客の数だけを獲得するだけに目がいく業者が多く、対策方法が愚かな会社がほとんどだ!

そのため、効果的なネット得られないためもうMEO対策は意味がないと不満を持つ経営者が増えていることが現実だ。そこで、失敗しない業者選びが今後の成功の鍵になってくる。

業者のホームページを見て事例をご覧になったり、直接電話してMEOの知識について質問してみるといだろう。もし親身になってご相談からアドバイスをしてくれる業者ならMEO対策の依頼を検討してみるのもアリだ。

私の経験上、どこのMEOサービスの施策方法はさほど変わりない。マイビジネスのタイトルにキーワードを入れて、そしてディスクリプションにはキーワードや類義語を入れて文章を作成し、カテーゴリー設定をすればほぼ対策が終わりと言っていいだろう。

もしその後、思うようなマップランキングが出ることがなければ、サーテーションサイトのNAP登録やツールを使ったアクセスをマイビジネスに送り込むようなグレーハット的な方法を使って対策する。

それでも上手く行かなければ、結果を長く待つあなたは限界に達することとなり、MEO対策のサービス解除を行う流れになる。

まずはこのような状況に直面しないためにはしっかりとリーサーチを行い、ライバルの少ないロングテールキーワードでMEO対策を行い、アクセス数は少なくなるがロングテールでキーワードを選定することでより質の高い見込み客を獲得することができるだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *