ホーム >  応援団ニュース >  情報宣伝 >  教育委員会への要望書
教育委員会への要望書 高ヒット
2015/8/27 11:09 投稿者: manager (記事一覧) [ 916hit ]

「九条俳句」不掲載問題の解決のために、司法の場とは別に地域住民と真摯に話し合いをもつよう教育委員会に要望します。

以下は、その要望内容です。


 

2015年8月27日

 

さいたま市教育長

稲 葉 康 久  様

 

 

「九条俳句」違憲国賠訴訟を市民の手で!

実行委員会(「九条俳句」市民応援団)

代  表   武  内   暁

 

「三橋公民館だより俳句掲載拒否」問題に関する要望書

 

 私たちは、この一年間、貴教育委員会と上記の件で、「文化・地域的解決」を求め、話し合いを続けて来ました。しかし、その対応は、当事者はじめ市民が何ら納得するものではなく、やむを得ず、憲法、教育基本法、地方自治法、社会教育法に違反していることを司法の場に問うため、「違憲国賠訴訟」にふみきりました。

 同時に私たちは、この問題を具体的に解決していくためには、貴教育委員会の地域的な対応が不可欠と考え、下記のとおり要望いたします。

 

 

1.この問題を司法の場とは別に、地域や当事者との話し合いによる具体的な解決のため、今後とも真摯な話し合いを続けること。

 

2.この問題の解決のために、公民館のあり方から議論を深めてきた「公民館運営審議会」が今期のまとめとして提出する「提言」を、今後の公民館運営に活かしていくこと。そのために、「公民館運営審議会」の継続性が求められることから委員長、副委員長はじめ各委員を再任すること。

 

 

 

連絡先 さいたま市中央区新中里1-5-19-206

                        武 内  暁 (090-2173-2591)

カテゴリ内ページ移動 ( 42  件):     1 ..  30  31  32  33  34  35  36  .. 42