ホーム >  応援団ニュース >  報告会・集会 >  第1回口頭弁論終了
第1回口頭弁論終了 高ヒット
2015/9/26 20:30 投稿者: manager (記事一覧) [ 1171hit ]

9月25日15:00定刻通り第1回口頭弁論が開かれた。

それに先立ち、傍聴券の抽選が行われ、抽選に外れた人は一足先に報告会の会場へ移動した。80席ある傍聴席は満席となった。また、聴覚障害をもつ傍聴者の情報保障のために手話通訳が認められた。

口頭弁論は、最初に原告の意見陳述が行われ、次に弁護団意見陳述がパワーポイントを使って図示しながら行われた。

被告・さいたま市は答弁書を提出、争う姿勢を示すとともに、掲載拒否に関してはさいたま市ではなく教育長を提訴すべきである旨の陳述が被告代理人・弁護士よりなされた。

第1回口頭弁論報告会

閉廷後、会場を裁判所近くの佛教會館に移して、報告会が100名あまりの参加で開かれた。

原告・作者の意見陳述が再び、読み上げられ、弁護団意見陳述が、法廷内での陳述では言われなかった解説を交えながら行われた。

ゲストスピーカーからの発言・アピールが続き、最後に佐藤一子氏からの報告がなされた。

「学習の自由と公民館」に関する教育団体連絡会議 発足

日本社会教育学会、日本公民館学会、社会教育推進全国協議会、社会教育・生涯教育学習研究所から、それぞれの組織の承認を得てこの問題にかかわる担当者として選任された人々が参加して連絡会議が発足されたこと。

2016年1月31日(日)に連絡会議主催のシンポジウムが開催されることが決まったこと。

が報告された。

改めて、社会教育関連の学会や憲法関連の学会をはじめ市民各層の関心の高さが示された報告会となった。

 

秋雨を 晴らす笑顔や 俳句訴訟

 

佐藤一子先生が自作の句を披露してくれました。

 

カテゴリ内ページ移動 ( 40  件):     1 ..  32  33  34  35  36  37  38  .. 40