ホーム >  応援団ニュース >  情報宣伝 >  私たちはよびかけます
私たちはよびかけます 高ヒット
2015/6/25 17:20 投稿者: manager (記事一覧) [ 619hit ]

市民のみなさん。
私達は呼びかけます。

 

7月4日の東京新聞1面、社会面の大きな記事を見て、目を疑いました。
「三橋公民館だより」の≪梅雨空に『九条守れ』の女性デモ≫の会員互選の毎月1句の俳句コーナーを削除したという公民館長や管轄する市生涯学習総合センターの行為です。
俳句という表現、心情、文化、思想… 領域に行政が自ら“政治的判断”をしたという行政介入です。
最も地域に根ざし、様々サークル活動や交流促進の場である公民館が市民の心の分野に萎縮、自主規制をもたらすことをしたのです。理由は“公共性、中立、世論を二分してる… と言ってますが、果たしてそうでしょうか?
私達は地元さいたま市民として、7日、8人が声かけ合いセンターに申し入れました。これは許せられない行為だ。文書で経過、再検討見直し、次号への掲載をの三点でした。
しかし、翌8日電話で「掲載の予定はない、公共施設としての判断だ」というだけです。
私達は呼びかけます。この公民館だより掲載拒否は、なんなのか。何が私達を抗議、要望活動にかりたてたのか、そして行政の考え、意図は何なのかを、様々な多くのみなさんの声で、再度行政に要望してこの社会的事件となった、さいたま市の地域を共に考えてゆきたいと思います。
様々なとりくみ、集い準備などしてゆきたいと思います。下記打ち合わせに多くの皆さんの参加・御協力をお願いいたします。
2014年7月10日

 

江野本啓子 大庭 和雄 岡 真知子 小林 哲夫
坂木 秀久 武内 暁 野田 静江 山田ちづこ

カテゴリ内ページ移動 ( 34  件):     1 ..  28  29  30  31  32  33  34  次