ホーム >  応援団ニュース >  報告会・集会 >  9.2市民集会
9.2市民集会 高ヒット
2018/8/30 10:41 投稿者: manager (記事一覧) [ 254hit ]

九条俳句」上告から今何を! 市民集会

9月2日(日)14時
さいたま市産業文化センター301・302会議室

 

市民のみなさん

私たちは「九条俳句」の掲載を求めています

 

梅雨空に 「九条守れ」の 女性デモ>  (作者・原告女性77歳)

この文芸作品のどこに問題があるのでしょうか

「九条俳句」違憲国賠訴訟を市民の手で!実行委員会

みなさん既にご承知の通り、2014年6月24日、三橋公民館俳句会で選ばれた秀句上記俳句を、公民館職員が見て「公民館だよりに掲載できない」と句会に伝えてきました。

公民館だよりに句会の秀句が掲載されることは2010年から句会と公民館双方合意の下に続いてきました。

私どもは、今回の問題は句会の仲間・市民と、公民館双方の話しあいで解決すべき問題だと考えてきました。

しかし、公民館・教育委員会関係者は話あいによる「掲載」に応じず,やむなく司法の判断をあおぐことになりました。

公民館は不掲載理由を、1)世論を二分する内容だから 2)「公民館の考え」と思われるから 3)公平中立に反するからと述べています。

 

高等裁判所は(2018年5月18日)本件不掲載につき、

申立人(原告)の「思想や信条を理由とした不公正な扱いで」、申立人の「人格的利益を違法に侵害した」と判断し、

「申立人の受けた精神的利益対する慰謝料は5000円とする。掲載請求権は認めない」と判示しました。

但し、本件俳句「掲載の可否」については判示していません。

公民館は「『九条俳句』とは別の俳句なら掲載する」と述べています。

今回は俳句の内容による、選別・差別・排除を公民館職員が行ったわけで

「憲法21条表現の自由の項「検閲は、これをしてはならない」に抵触する問題です。

私たちは国・県・市がいろいろな催しを行い、エッセイ・詩・短歌・俳句・川柳・絵画・音楽・

書道等々の作品募集を行うことについては歓迎いたします。

しかし、今回のような検閲に抵触する行為を認めることはできません。

 

私たちはさいたま市に次のことを求めています

   さいたま市は判決結果を守り、違法の事実を認め、原告作者に謝罪をすること。

  「公民館たより」に九条俳句を掲載し これまで通り句会の活動を原状に戻すこと。

   公民館職員の故意過失を認め、その対応処置を行うこと。

 人権救済勧告【2018年6月29日埼玉弁護士会はさいたま市に対し、

九条俳句不掲載は憲法14条【法の下の平等】に違反するとして、

公民館便りに掲載するよう勧告した】この事実を尊重し実施すること。

 ご協力のお願い さいたま市に「九条俳句」掲載の要請をお願いします 

要請先 〒330-9588 さいたま市浦和区常盤六丁目4番4号

        さいたま市長 清水勇人 宛  電話048-829-1111 

カテゴリ内ページ移動 ( 40  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 40