ホーム >  報道記事 >  東京新聞 >  2014/7/4 東京新聞
2014/7/4 東京新聞 高ヒット
2015/6/26 9:50 投稿者: manager (記事一覧) [ 682hit ]

2014年7月4日東京新聞1面の報道

 

 集団的自衛権の行使容認に反対するデモを詠んだ市民の俳句を、さいたま市の公民館が月報への掲載を拒否したことが分かった。大宮区の女性(73)が詠んだ「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句。識者から「表現の自由の侵害だ」との批判が出ている。

 俳句の掲載を拒否したのは大宮区の三橋(みはし)公民館。同公民館は、毎月発行する「公民館だより」の俳句コーナーに、館内で開く俳句教室の一作品を掲載している。

  作者らによると、掲載作品は、この俳句教室の会員約二十人が詠んだ句の中から、互選で一句選ぶ方式。「梅雨空-」は六月に選び、七月号に掲載予定だった が、公民館は月報の俳句欄を削除して発行した。公民館長は「世論が大きく二つに分かれる問題で、一方の意見だけ載せられない」と説明したという。

 公民館を管轄する市生涯学習総合センターの小川栄一副館長は、本紙の取材に「この句が市の考えだと誤解を招いてはいけない。公民館の判断は妥当だ」と話した。

 一方、全国九条の会事務局長を務める小森陽一東京大教授は「この句だけを掲載しなかったのは、表現の自由を保障した憲法二一条に違反する」と批判した。

 行政などの自主規制は、千葉市で開かれた平和集会の後援申請を同市が拒否したり平和と原発をテーマにした集会の会場利用を明治大が拒否した例が判明している。

 

カテゴリ内ページ移動 ( 28  件):     1 ..  22  23  24  25  26  27  28  次