投稿者 : manager 投稿日時: 2018-03-02 11:32:44 (128 ヒット)

意見陳述書
2018年3月1日

東京高等裁判所 御中
                             原 告
 私は、「九条俳句」訴訟の原告として、昨年10月13日、さいたま地裁より勝訴判決を受けました。判決は、「さいたま市が九条俳句を原告の思想や信条を理由にして掲載しないという不公正な取扱いをしたことが違法である」と認め、慰謝料の支払いを命じました。さいたま市の違法性が公に認められたことは、本当に良かったと思いました。
 しかし、一方で公民館だよりに「九条俳句」の掲載請求は棄却されました。このことは、納得できません。
 私たちはこの判決を受けて、早速、さいたま市に対して、違法状態を解消するために、「九条俳句」を速やかに公民館だよりに掲載すること、また、違法・不公正の再発防止の具体策を取ることを求め、この2点が約束できれば、控訴はしないと申し入れました。
 この問題が発生してから、3年4ヵ月、提訴してからは2年4ヵ月が過ぎましたが、私にとっては、とても重く長い時間でした。高齢者の私には、健康や体力の面でも不安があります。さいたま市が、二点の申し入れに応ずるのであれば、それでいい、この勝訴を以って終わりにしたいと思いました。
 しかし、さいたま市は、こちらの申し入れを拒否したばかりか、判決を不服として、早々に控訴すると表明しました。私たちは、今回の判決をもとに話しあいでの解決を求めていましたが、市民と向き合おうとしない市にそれも閉ざされてしまいました。
 さいたま市は、判決で指摘された不公正・違法性を全く反省することなく、3年前と同じ主張を繰り返していますが、市がなぜ控訴しなければならないのか、私にはわかりません。この裁判で市は何も学ぶことはなかったのでしょうか。一度言い出したことは、たとえ間違っていても正そうとしない頑な姿勢、市民の意見をまともに聞こうとしない姿勢は、市民を蔑ろにしているとしか思えません。
 これでは、控訴するしかありません。
 私にとって俳句は、人生の終盤を心豊かに生きて行くためのささやかな楽しみです。自分が作った一句が、仲間の共感を得られ、公民館だよりに掲載されることは大きな喜びです。また頑張ろうと意欲が湧いてきます。
 公民館だよりに、不掲載を決めた時、公民館の職員は、句会の活動や作者の思いを少しでも考えたのでしょうか。
 私は、この裁判の中で、公民館の歴史や役割について、はじめて知りました。市は、文化芸術を理解し、市民の自由な活動を守り、育てる本来の公民館にして欲しいです。
 「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」
この句は、公民館だよりに掲載句として提出してから、3年8ヵ月も放置されています。一日も早く公民館だよりへ掲載することを求めます。
 幼い頃、戦争体験のある私は、戦後ずっと平和に暮らせてきたのは、平和憲法九条のおかげと思っています。戦禍の中から父や母の世代が平和を願って大事にしてきたものを、私も子どもや孫たちに、しっかり引き継いでいかなくてはならないと思っています。
 自由にものが言える、自由に表現できるという当たり前のことが、当たり前に守られるように、判決をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 


投稿者 : manager 投稿日時: 2018-01-15 09:43:01 (337 ヒット)

みなさま 新年おめでとうございます。

 私たちは昨年10月13日、さいたま地裁で、勝訴判決を勝ち取り喜び合いました。

 判決は「さいたま市の公民館職員らが、原告の思想や信条を理由として、九条俳句を公民館だよりに掲載しないという不公正な取り扱いをしたもので違法である」と認めました。

 この判決を受け早速、さいたま市に対し、九条俳句を速やかに公民館だよりに掲載し違法状態を正すことと、違法・不公正の再発防止の具体的改善策をとることを求め、この2点を約束できれば控訴はしないと申し入れました。しかし、市側は、こちらの申し入れを拒否したばかりか、判決を真摯に受け止めようとせず、早々に控訴すると表明しました。

 私たちは、今回の判決をもとに話し合いでの解決を求めていましたが、市民と向き合おうとしない市にそれも閉ざされてしまいました。控訴するしかありません。自由に学び、自由に表現するという当たり前のことを守りたいのです。

さいたま地裁で得た勝利判決に更に充実した判決を求めて、10月24日東京高裁に控訴いたしました。憲法九条を守り、平和に暮らし続けるために、今この裁判に勝つことは大きな意味があると思います。さいたま地裁での勝利は、みなさまのゆるぎない大きなご支援の賜です。東京高裁でも勝訴を確信して頑張ります。引き続き大きなご支援をよろしくお願い致します。

「九条俳句」国賠訴訟 原告


投稿者 : manager 投稿日時: 2017-11-01 13:37:10 (398 ヒット)

引き続き応援をお願いします

「九条俳句訴訟」原告

 

 10月13日、勝利判決が出されました。

 裁判所は、さいたま市が原告の思想信条を理由として、俳句を不掲載としたことは、不公正な取り扱いであり、違法であると認め、原告に精神的損害賠償として5万円の支払いを命じました。判決を受けて、10月16日、さいたま市に、九条俳句をすみやかに掲載すること。また、このような違法・不公正の再発防止の具体的な改善策をとること、の2点を申し入れ、その話し合いの場をもつこともあわせて求めてきました。

 この判決には不服の点もありますが、申し入れの2点を市が約束してくれるのなら、それで良い、もう終わりにしたいと思いました。これまでの3年4か月はとても重く長い時間でした。後期高齢者には、体力の面でも不安があります。さいたま市も、多くの主張が認められているのだから、まさか控訴はしないだろうと思っていました。ところが、10月20日、申し入れについての話し合いが持たれ、市側は、申し入れの2点を拒否したばかりか、控訴することを決めた、と担当の竹居秀子生涯学習部長は平然と言いました。控訴理由は、3年前から主張しているもので、今回の判決ではっきり不公正・違法とされたものを不服としているのです。にこやかそうに装っている表情は変えず、私たちの話にまともに答えない態度は、市民に対し、市の判断は絶対で、従うのは当たり前と言っているように思いました。こんなことが罷り通っていく先はどうなるか恐いことです。

 これでは、こちらも受けて立つしかありません。逡巡してやっと決めた裁判でしたが、やはり訴えて良かったと思います。これは俳句を載せるとかどうとかを越えた問題だと思います。小さな声に応えて下さったみなさまに心からお礼を申し上げます。

俳句の師(91歳)より「市のやり方に激怒している。もう少しふんばれ」と激励のファックスをいただきました。私はみなさまと共に、ふんばって参ります。どうぞ、引き続き応援をよろしくお願いします。


投稿者 : manager 投稿日時: 2017-10-20 23:44:23 (556 ヒット)

10月13日14時すぎ,さいたま地方裁判所正門に歓喜の輪が広がりました。

俳句「梅雨空に 『九条守れ』の 女性デモ」を公民館だよりに掲載しなかったさいたま市公民館職員らの行為が,「原告の思想や信条を理由として」「不公正な取扱いをした」もので「違法」であることが,裁判所に認められたのです。

勝訴です。

 

この裁判は,公民館から不掲載の電話が来た時に,「それは認められない。」と毅然とした対応をとられた,俳句会代表代行と作者である原告の勇気ある行動が原点でした。

九条俳句不掲載から約3年4か月,提訴から約2年4か月。

この間,有志のみなさんが立ち上がり市民応援団が結成され,1000名を超える会員をはじめとした多くの市民の方々が自らの問題として運動を作り上げてくださりました。

そして,「このままでは公民館,社会教育,民主主義が死んでしまう」という切迫感をもって,社会教育をはじめとする研究者の方々が,運動と訴訟を理論面からリードしてくださいました。

心あるジャーナリストの方々は,この小さくて大きな問題の本質を,全国に届けてくださいました。

このような皆様の想いを裁判所に届ける作業に僅かでも寄与することができたのであれば,弁護団員としてこれほど幸せなことはありません。

 

原告の女性は,私たちには計り知れないご苦労をされてきたことと思います。

しかし,このご苦労はまだ本当の意味で報われてはいません。

我々弁護団は,不掲載という違法状態が解消され,九条俳句が公民館だよりに掲載される日が来るまで,そして,さいたま市が同じ過ちを繰り返さぬよう体制を整備するまで,皆様とともに闘い続けます。

 

九条俳句訴訟原告弁護団事務局次長 石川智士


投稿者 : manager 投稿日時: 2017-10-15 21:13:17 (437 ヒット)

「…5万円…棄却」―裁判長着席、言語不明瞭気味の判決主文で聞き取れたのは2語のみ。32人の傍聴者が不審げに顔を見合わせる間に、退廷。20秒余りの寸劇のよう。

 

「勝利判決!」「市側の主張は断罪されました!」―27人の弁護団を率いる佐々木団長の言に「拍手と歓声」が沸いたのは閉廷から1時間余り後の報告会でのこと。

 弁護団も判決全文を吟味する間もないようであったが、「勝訴」には違いなく会場には安堵感と喜びが共有されていく中、司会者に促されて原告はじめそれぞれの発言。これらの独断的採録による報告―:

原告「勝訴の自信の一方、不安もあった。『不掲載は謝り』にホッとした思い。(事件は)ちっちゃなことだったがとても大事なことと認識するようになった。一方、3年4か月、(「公民館だより」の)九条句不掲載と俳句欄の空白がありながら、(掲載請求)却下は納得できない」

 

佐藤一子(社会教育学者/市民応援団)「全国に1万5千館ある公民館や図書館は社会教育のおける自由について足元を見つめる必要を促す判決。正当な理由、合理的根拠がないままの事件で、社会教育の現場に「公共性」を守ることが確認されたと理解できる。地域の学習施設に住民が主権者として社会に発信、問題提起したことに意義がある。行政と市民相互の信頼関係がないと社会は成り立たないことから、学習の場としての公的施設が地域住民の「表現の自由」を課題として受け止める必要がある。この後は(九条句を)「掲載させる」運動へ」

 

武内(市民応援団)「主役は私たち、『市民が主役』が確認された。掲載に向けて市側との交渉はこれから」


(1) 2 3 4 ... 7 »