応援メッセージ
応援メッセージ : 第9回口頭弁論報告
投稿者 : manager 投稿日時: 2017-02-06 16:03:29 (124 ヒット)

1月20日午後2時、第9回口頭弁論期日が開かれました。
今回から3回の期日に分けて、事件の当事者・関係者の方々から、裁判所で直接お話を聞く、尋問という手続きが執られることになっています。
まず、佐藤一子先生が補佐人として、意見を陳述されました。
「補佐人」という制度は、あまり使われることのない珍しい制度で、その事件を審理する際に専門的知識が必要な場合に、専門家を裁判所に呼び、専門的な内容を分かりやすく説明してもらうことができる制度です。
この訴訟は、「社会教育」についての知識が必要不可欠で、専門家の佐藤先生から、この点について、分かりやすく、かつ力強くご説明をしていただきました。佐藤先生のご説明に対し、被告代理人からいくつか質問がされましたが、さすが佐藤先生は、簡潔にかつ、論理的にお答えになり、こちらの主張をさらに裏付けるようなお話をしてくださいました。
次に、本件俳句掲載が拒否されたときの代表代行の証人尋問が行われました。尋問という手続は、その証人を呼んだ側からの質問(主尋問)、相手方からの質問(反対尋問)、裁判所からの質問(補充質問)の順に行われます。
代表代行の主尋問は、私近藤が担当致しました。代表代行からは、俳句を学ぶようになって、普段の生活でも色々なことに関心を持つようになったこと、句会の活動によって他のメンバーの意見を聞くことができてさらに勉強が深まること、公民館だよりに載ることで句会のメンバー以外の人も俳句に興味を持ってくれたこと、など、まさに「社会教育」の「自己学習」と「相互学習」を体現している、素晴らしいエピソードをたくさんお話いただきました。本当であれば、時間をたくさん取って、もっともっとお話いただきたかったのですが、裁判所から与えられた持ち時間が30分だったので、泣く泣く尋問を終了させることとなりました。代表代行は、裁判の場でも、かつ、被告代理人や裁判所からの質問であっても、全く臆することも緊張されることもなく(少なくとも、私からはそう見えました)、堂々とご自身の言葉で、お話をしてくださいました。裁判所にも、社会教育の重要性が少しは伝わったのではないかと思います。
続いて、公民館だよりに俳句を載せることになった際の公民館の職員である平塚氏の尋問が行われました。この反対尋問は小内弁護士が担当致しました。主尋問と異なり、反対尋問は、事前に打ち合わせもできず、相手が何を話すのかが分からないため、準備が大変ですが、この尋問においては、公民館だよりの編集が、公民館職員の個人的な意見だけでなされているわけではないことを一定程度示すことができたと思います。
次回は、三橋公民館職員、三橋公民館長及び桜木公民館町の尋問です。今回のさい先の良いスタートの勢いそのままに、次回以降も良い尋問ができるよう、弁護団一同力を合わせて頑張って参ります。今後とも、裁判の傍聴や報告集会への参加など、引き続きのご支援よろしくお願い致します。
(弁護団 近藤里沙)



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。