応援メッセージ
応援メッセージ : 右翼にも認められた「九条俳句」!?
投稿者 : manager 投稿日時: 2017-05-24 10:54:33 (249 ヒット)

裁判の日には世話人4、5人で朝8時から浦和駅西口でビラ撒きをしている。最初は駅前で撒いていたが、駅員がJRの敷地内はダメと排除しに来たりして、結局県庁に向かう歩道で行っている。
裁判は毎回金曜日なので、毎週金曜日に街頭宣伝をやっている某右翼団体とかち合う。通算700回以上というから敵ながら?すごいものだ。初めの頃、彼らは街宣を妨害しにきたと勘違いし文句を言いに来たこともあるが、今は場所をちょっとずらしているのでそのトラブルはない。逆に私たちが右翼の仲間と思われ、ビラを渡そうとしたオバさんに「うるさいわよ!」と怒鳴られたこともある。
3月10日の裁判の日、私たちは目を疑った。なんと九条俳句をパクッた垂れ幕が街宣車からつり下げられているではないか。(写真は4/28)そこには「梅雨空に改憲しようと女性デモ」「梅雨空に九条守れは主権の放棄」とある。センスも何もないが思わず苦笑した。演説では、「さいたま市に文句をつけて賠償金をとろうとしている、皆さんの税金ですよ」なんて誹謗していたが、右翼に認知されたというのも私たちの宣伝効果があったと考えたい。
(さいたま市緑区・小川満)

 



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。