投稿者 : manager 投稿日時: 2018-09-10 18:18:33 (18 ヒット)

鎌田慧(ルポライター)、荻野富士夫(小樽商科大学名誉教授 近・現代史)、門奈直樹(立教大学名誉教授 マスコミュニケーション論)、田島泰彦(早稲田大学非常勤講師 元上智大学教授 憲法・メディア法)、永田浩三(武蔵大学教授 メディア社会学)、森田公司(埼玉県俳句連盟顧問)〈9月1日現在〉各氏の呼びかけで、「九条俳句」表現者声明が9月2日、発表されました。

「九条俳句」表現者声明実行委員会では賛同者を募集しています。

以下に全文を掲載します。

 

九条俳句」表現者声明

小さな一句の尊厳のため、

「九条俳句」の検閲に抗議し、「公民館だより」への掲載を求めます。

 

 2014年、さいたま市三橋公民館の職員が、「公民館だより」に、次の俳句の掲載を拒否しました。

    梅雨空に「九条守れ」の女性デモ

掲載を拒否した理由は、「世論を二分するような俳句は、公民館の意見と誤解されるおそれがあるから」というものです。当時国会では安保法制をめぐって激しい議論が行われていて、さいたま市教育委員長は「集団的自衛権の問題が背景にあり、掲載すべきではない」と言明し、市の担当者は「別の俳句なら載せられる」と言いました。

このような俳句の思想内容を問題にした掲載拒否は、「検閲」にあたり、表現の自由を深刻に侵害するものです。憲法第21条1項の「言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と、2項の「検閲は、これをしてはならない」に違反し、また憲法第99条「公務員の憲法擁護義務」にも違反しています。

 

作者の女性は市の対応に納得せず、当該俳句の掲載を求めましたが、市が掲載を拒否し続けたため、1年後訴訟に踏み切りました。

今年5月、東京高裁は、原告・俳句作者の「掲載請求権」は認めないものの、「思想、信条を理由に不公正な取り扱いをした」ので、「人格的利益を侵害して違法」との判決を下しました。しかしさいたま市は、市側に公民館たよりの「掲載(編集)権」があると主張して、未だに作者の掲載の求めに応じようとせず、最高裁に上告しました。

 

憲法第21条1項の「表現の自由保障」と2項「検閲の禁止」は、戦前の反戦や生活苦を詠んだ句の作者が検挙された「昭和俳句弾圧事件」など、様々の言論弾圧の経験の上に設けられた峻厳な規定です。今年2月に逝去された俳人・金子兜太さんは生前、「戦争は必ず言論の自由の否定から始まる。“下からの弾圧”が怖いぞ」との言葉を残されています。

さいたま市の「九条俳句不掲載」は、一見ささやかな事件のように見えますが、これが戦前のような思想・言論統制時代の導水路となることを危惧します。「小さな一句」の尊厳を守ることが、戦後を生きる私たち表現者の責任だと考えます。

さいたま市による「九条俳句」の検閲に抗議し、「公民館だより」への掲載を求めます。

2018年9月2日     「9条俳句」表現者声明実行委員会

                      協力:「9条俳句」市民応援団/阿佐ヶ谷市民講座

                              連絡先:080-5548-9852(皆川)

 


投稿者 : manager 投稿日時: 2018-05-19 17:46:53 (6 ヒット)

 『情けない!』
 これが「九条俳句」裁判の、5月18日二審・東京高裁の事実認定が確定した判決後、5月31日上告(最高裁へ申立)したさいたま市に対して発した原告作者の言葉だった。
 さいたま市は市長、教育委員会ともども、司法の、公民館だよりへの“梅雨空に「九条守れ」の女性デモ”の麗句を掲載拒否とした行政職員に対し、「思想信条による不公正な取扱、故意過失、憲法上保障された基本的人権を最大限尊重されるべき人格的利益を侵害する国家賠償法上違法」とした判決を不服として上告したのである。

 私たちは当たり前のこの小さな声、行動は住民こそ主役・主人公・主権者としての自由闊達な表現活動が保障される地域づくりの基本として、今後も、次の様々な創意工夫ある「現場における当事者間の具体的解決、公民館だよりへの秀句掲載の早期実現」をめざし取り組むことを今、決意を新たにし、全国のみなさんへ今後ともご支援、ご協力をお願いします。

①司法の独立、最高裁へ上告し憲法判断をより強固に求める
②行政(市長、議会、教育委員会、公民館運営審議会など)への活動
③公民館活用、あり方、各地区公民館への働きかけ
④地域住民のみなさんと(三橋地区、市内公民館での「みんカフェ」、シンポジウム開催、市内自治労、教組などへの話し合いなど)
⑤全国の様々な運動と連携して(HP、ネット、集会、「ハトは泣いている」上映など)
⑥埼玉弁護士会の取り組み要請、協力、人権救済委員会など
⑦社会教育関係団体、諸学会、日本ペンクラブなどとの連携
⑧私達「市民応援団」自身の楽しさ、活性化(ミニ合宿、「25日九条俳句デー」、“平和の句”公募など、三橋俳句会とともに……等々)
「九条俳句」市民応援団代表 武内暁


投稿者 : manager 投稿日時: 2018-03-02 11:32:44 (159 ヒット)

意見陳述書
2018年3月1日

東京高等裁判所 御中
                             原 告
 私は、「九条俳句」訴訟の原告として、昨年10月13日、さいたま地裁より勝訴判決を受けました。判決は、「さいたま市が九条俳句を原告の思想や信条を理由にして掲載しないという不公正な取扱いをしたことが違法である」と認め、慰謝料の支払いを命じました。さいたま市の違法性が公に認められたことは、本当に良かったと思いました。
 しかし、一方で公民館だよりに「九条俳句」の掲載請求は棄却されました。このことは、納得できません。
 私たちはこの判決を受けて、早速、さいたま市に対して、違法状態を解消するために、「九条俳句」を速やかに公民館だよりに掲載すること、また、違法・不公正の再発防止の具体策を取ることを求め、この2点が約束できれば、控訴はしないと申し入れました。
 この問題が発生してから、3年4ヵ月、提訴してからは2年4ヵ月が過ぎましたが、私にとっては、とても重く長い時間でした。高齢者の私には、健康や体力の面でも不安があります。さいたま市が、二点の申し入れに応ずるのであれば、それでいい、この勝訴を以って終わりにしたいと思いました。
 しかし、さいたま市は、こちらの申し入れを拒否したばかりか、判決を不服として、早々に控訴すると表明しました。私たちは、今回の判決をもとに話しあいでの解決を求めていましたが、市民と向き合おうとしない市にそれも閉ざされてしまいました。
 さいたま市は、判決で指摘された不公正・違法性を全く反省することなく、3年前と同じ主張を繰り返していますが、市がなぜ控訴しなければならないのか、私にはわかりません。この裁判で市は何も学ぶことはなかったのでしょうか。一度言い出したことは、たとえ間違っていても正そうとしない頑な姿勢、市民の意見をまともに聞こうとしない姿勢は、市民を蔑ろにしているとしか思えません。
 これでは、控訴するしかありません。
 私にとって俳句は、人生の終盤を心豊かに生きて行くためのささやかな楽しみです。自分が作った一句が、仲間の共感を得られ、公民館だよりに掲載されることは大きな喜びです。また頑張ろうと意欲が湧いてきます。
 公民館だよりに、不掲載を決めた時、公民館の職員は、句会の活動や作者の思いを少しでも考えたのでしょうか。
 私は、この裁判の中で、公民館の歴史や役割について、はじめて知りました。市は、文化芸術を理解し、市民の自由な活動を守り、育てる本来の公民館にして欲しいです。
 「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」
この句は、公民館だよりに掲載句として提出してから、3年8ヵ月も放置されています。一日も早く公民館だよりへ掲載することを求めます。
 幼い頃、戦争体験のある私は、戦後ずっと平和に暮らせてきたのは、平和憲法九条のおかげと思っています。戦禍の中から父や母の世代が平和を願って大事にしてきたものを、私も子どもや孫たちに、しっかり引き継いでいかなくてはならないと思っています。
 自由にものが言える、自由に表現できるという当たり前のことが、当たり前に守られるように、判決をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 


投稿者 : manager 投稿日時: 2018-01-15 09:43:01 (400 ヒット)

みなさま 新年おめでとうございます。

 私たちは昨年10月13日、さいたま地裁で、勝訴判決を勝ち取り喜び合いました。

 判決は「さいたま市の公民館職員らが、原告の思想や信条を理由として、九条俳句を公民館だよりに掲載しないという不公正な取り扱いをしたもので違法である」と認めました。

 この判決を受け早速、さいたま市に対し、九条俳句を速やかに公民館だよりに掲載し違法状態を正すことと、違法・不公正の再発防止の具体的改善策をとることを求め、この2点を約束できれば控訴はしないと申し入れました。しかし、市側は、こちらの申し入れを拒否したばかりか、判決を真摯に受け止めようとせず、早々に控訴すると表明しました。

 私たちは、今回の判決をもとに話し合いでの解決を求めていましたが、市民と向き合おうとしない市にそれも閉ざされてしまいました。控訴するしかありません。自由に学び、自由に表現するという当たり前のことを守りたいのです。

さいたま地裁で得た勝利判決に更に充実した判決を求めて、10月24日東京高裁に控訴いたしました。憲法九条を守り、平和に暮らし続けるために、今この裁判に勝つことは大きな意味があると思います。さいたま地裁での勝利は、みなさまのゆるぎない大きなご支援の賜です。東京高裁でも勝訴を確信して頑張ります。引き続き大きなご支援をよろしくお願い致します。

「九条俳句」国賠訴訟 原告


投稿者 : manager 投稿日時: 2017-11-01 13:37:10 (430 ヒット)

引き続き応援をお願いします

「九条俳句訴訟」原告

 

 10月13日、勝利判決が出されました。

 裁判所は、さいたま市が原告の思想信条を理由として、俳句を不掲載としたことは、不公正な取り扱いであり、違法であると認め、原告に精神的損害賠償として5万円の支払いを命じました。判決を受けて、10月16日、さいたま市に、九条俳句をすみやかに掲載すること。また、このような違法・不公正の再発防止の具体的な改善策をとること、の2点を申し入れ、その話し合いの場をもつこともあわせて求めてきました。

 この判決には不服の点もありますが、申し入れの2点を市が約束してくれるのなら、それで良い、もう終わりにしたいと思いました。これまでの3年4か月はとても重く長い時間でした。後期高齢者には、体力の面でも不安があります。さいたま市も、多くの主張が認められているのだから、まさか控訴はしないだろうと思っていました。ところが、10月20日、申し入れについての話し合いが持たれ、市側は、申し入れの2点を拒否したばかりか、控訴することを決めた、と担当の竹居秀子生涯学習部長は平然と言いました。控訴理由は、3年前から主張しているもので、今回の判決ではっきり不公正・違法とされたものを不服としているのです。にこやかそうに装っている表情は変えず、私たちの話にまともに答えない態度は、市民に対し、市の判断は絶対で、従うのは当たり前と言っているように思いました。こんなことが罷り通っていく先はどうなるか恐いことです。

 これでは、こちらも受けて立つしかありません。逡巡してやっと決めた裁判でしたが、やはり訴えて良かったと思います。これは俳句を載せるとかどうとかを越えた問題だと思います。小さな声に応えて下さったみなさまに心からお礼を申し上げます。

俳句の師(91歳)より「市のやり方に激怒している。もう少しふんばれ」と激励のファックスをいただきました。私はみなさまと共に、ふんばって参ります。どうぞ、引き続き応援をよろしくお願いします。


(1) 2 3 4 ... 7 »